2018/03/20

久山町でオリーブ樹の植え替えを行いました

3月20日、福岡県糟屋郡久山町のオリーブモデル農園へ、コンサルタント契約による
栽培指導に参りました。定植の適期なので、既存の苗木の植え替えを行いました。
当日は霧雨でしたが、弊協会の指導のもと、久山町のシルバー人材センターの方々が
着々と作業を進められました。
春はオリーブ樹の定植に最適です。植樹予定の会員様は予めKOAの資料を確認して
定植地の検討や石灰の散布、支柱や肥料の準備等を確実に行ってください。


植穴を掘り、垂直に支柱を立てています。苗のまっすぐな生長のために支柱は不可欠



植穴の内部。緑色の物質は肥料。元肥は将来の樹の生長にとって重要です



堆肥と真砂土を投入して穴を埋め戻していきます。しっかり踏み固めるのがポイント



苗の周りに大きく盛土をして、頂上に水鉢を作っています。水はたっぷり与えること

aaa