2018/03/24〜29

イタリアから栽培技術者が来日しました

3月24日、KOAが提携しているオリーブ苗木会社VIVAI PIETRO PACINI社から技術者の
FILIPPO PUCCINIさんを招聘し、翌25日と26日に熊本県荒尾市の「九州荒尾オリーブ村」、
26日に山口県萩市のオリーブ育苗所にて育苗指導を行って頂きました。KOAは本場イタリアの
伝統と科学に裏付けされた技術を学び、加えて日本の気候や風土に合わせた育樹を考案する
ことで、より良いオリーブ樹の生産と、日本でのオリーブ栽培普及を目指していきます。


「九州荒尾オリーブ村」にて。FILIPPO PUCCINIさんによる、鉢入れの指導の様子



PUCCINIさんの水やりの指導の後、現場の育苗担当者が一人一人チェックを受けます



萩市の育苗ビニールハウスにて。植え方や根の張り具合等を確認しているところです



萩市の柴田明さん(右奥)の栽培管理記録を基に、意見交換中のPUCCINIさん

aaa