2018/06/04

各地でオリーブの幼果が生育中です

オリーブ樹の開花時期が過ぎ、黄白色の小花と入れ替わるように黄緑色の幼果が膨らみ	
だしているとの報告が九州各地から寄せられています。これから、オリーブ樹は樹の大きさや	
樹齢等に合わせて着果量を調節する「生理的落果」を経て、果実が肥大していきます。	
夏が近づくにつれ、病害虫の動きが活発になります。	
秋の豊かな実りのために、引き続きオリーブ樹の栽培管理をしていきましょう。	


陽光を受けるオリーブの幼果。宮崎県「日向市オリーブ研究会」溝口孝会長の園にて



福岡市博多区の「KOAオリーブ加工センター」の大鉢。すでに楕円型の果実の姿が

aaa