2018/06/07

国東市で栽培指導を行いました

6月7日に大分県国東市の「キュウセツAQUA株式会社」国東農場で圃場の巡回と定植された	
オリーブ樹の生育状況のチェック、病害虫や害獣の防除対策、施肥などの確認を行いました。	
6月は萌芽の勢いが収まり、新葉と入れ替わるように旧葉が落ち始めたり、幼果が発育する	
時期です。夏肥を施すことで開花に使われた養分を補い、オリーブ樹を労りましょう。	
また梅雨が明け、夏に向けて気温が上昇するにつれ病害虫が活動的になります。除草や	
薬剤散布等による予防、見回りによる早期発見と対策に努めましょう。	


栽培担当者のお二人。丘になっている圃場には上から下までオリーブ樹がずらりと並びます



豆粒のような幼果がちらほらと。黄緑色の果実は生長するにつれ大きく、黒紫色に

aaa