2018/10/31

平生町へオリーブ栽培候補地の確認に行きました

10月31日、山口県熊毛郡平生町にてオリーブ栽培候補地の視察を行いました。
同町の産業課の方々の案内で候補地を巡回、栽培面積や土地の状態、地形等の調査や資料の
確認を行いました。
平生町は山口県の東南部に位置しており、雨の少ない温暖な町です。縄文時代や古墳時代の
遺跡、大星山山頂や尾根づたいに設置された7基の風力発電所の風車等で知られています。
当地で実施にオリーブ栽培が開始されるかどうかは未定ですが、もし大規模なオリーブ栽培が
実現すれば遊休地の利用や雇用創出、新たな観光地や特産品の開発が進み、地域活性化
の一助になるでしょう。
山中の候補地へ向かう途中、案内して頂いた平生町役場の方々から説明を受けています


オリーブ栽培候補地の資料を広げる様子。高低差が描かれた図面を用意してもらいました



山中の候補地へ向かう途中、案内して頂いた平生町役場の方々から説明を受けています

aaa