2018/11/13~19

第4回イタリア・トスカーナ収穫体験旅行を開催!!

今年もKOA会員の皆様のご要望にお応えして、11月13日~19日の7日間、KOA主催・SOA                                                             								
(一般社団法人 静岡県オリーブ普及協会)共催で第4回イタリア・トスカーナ収穫体験旅行を                                                    								
開催しました。KOA及びSOAの会員、関係者が参加し、リクエストが多かったオリーブ農園民泊								
(アグリツーリズム)の実施や収穫体験、栽培管理実習、搾油所見学を行いました。								
4軒の農園で収穫や栽培管理の実習が行われ、また搾油所もタイプ別の現場を3カ所視察し								
ました。KOAが提携している育苗農園では、様々な年生の苗や挿し木苗を見ながら育苗技術								
を学びました。								
参加者の殆どがオリーブ栽培に携わっているため、訪問先では真剣な面持ちで実習に取り								
組み、現地の方に熱心に質問をしたり、興味深い様子で見学を行う姿が見られました。								
他にも、イタリア名物料理に舌鼓を打ちながら参加者同士がオリーブ談義に花を咲かせたり、								
日本でのオリーブ農園民泊の実施を検討する方がいらっしゃったり、研修以外の時間で								
オリーブ関連のお土産を購入されたり、資材店で電動収穫機等の見学をされたりと、短い期間								
ながら個人の観光旅行では味わえないKOA、SOAならではの研修旅行となった事と思います。								
今後も国内でのオリーブ栽培を推進するため、弊協会とSOAは互いに連携しイベントの企画・								
開催を含めた様々な方法で会員の方々をサポートしていきます。 								


実習先の農園。丘の上から見下ろすと、オリーブ樹が立ち並ぶのどかな光景が広がります



11月のイタリアには珍しい快晴の空の下、現地の方と参加者の皆さんで集合写真を撮りました



収穫実習中。写真中央では電動収穫機を使い、果実を敷物の上にはたき落としています



シーズン真っ最中のため、フル稼働している搾油機の様子を見学させて頂く事ができました



KOAが提携している育苗農園にて。参加者の方から培養土、肥料等の様々な質問が出ました



研修以外の時間では観光を堪能しました。写真はフィレンツェ最古の橋、ポンテ・ヴェッキオ

aaa