2019/07/26

荒尾市でオリーブ着果量調査を行いました

7月26日、熊本県荒尾市で行われた荒尾市オリーブ研究会のオリーブ着果量調査に参加させて
いただきました。
猛暑が続くなか、少しでも涼しいうちにということで朝8時から調査を開始しましたが、
皆さんすぐに汗びっしょりとなりました。しかし、たわわに実り、日に日に肥大していく果実を
見ていると、ほんの少しだけ暑さも忘れます笑。
当日は10カ所以上の圃場をチェックして回り、現在のところ昨年を大幅に上回る結実量でした。
当研究会の過去最高の収量が期待できそうです。
果実が肥大して熟し、秋には健やかな実が収穫できるように、これからの病害虫防除が大切に
なります。また、台風の動向にも注意が必要です。
収穫まであと約2カ月。全国のオリーブ生産者の皆さんに実りの秋が来ますように‼


毎年行う調査なので手慣れたもの。特別なことが無い限り、実際の収量から大きく外れません



品種による果実の形状の違いがはっきりしてくるのもこの時期です。写真の品種はレッチーノ

aaa