2017/2/21~22

個人会員さまのオリーブ圃場を巡回しました

2月21日と22日に熊本県、大分県、宮崎県の個人会員さまの圃場で栽培指導
を行いました。
今回訪問した南九州のオリーブ圃場では昨年の異常気象による爪痕が多く見られ
オーナーの方達も心配されていましたが、大半の樹は回復傾向にありました。
3月、4月と暖かくなれば、また新しい芽が元気に吹くでしょう。


2015年に定植され、昨年少し結実したと話される中山信春さん。熊本県玉名市のオリーブ畑にて


熊本県上益城郡益城町の坂田知則さん。昨年は熊本地震で大変でしたが、オリーブ樹は順調に育ってます


今春から施肥や病虫害防除もしっかり行うと話される宮崎県西諸県郡高原町の重信文一さん


宮崎県東諸県郡国富町の漆島久善さんのオリーブ畑。昨年8月の訪問時より苗がかなり大きくなりました


大分県豊後大野市にある「足立建設株式会社」様の圃場。3月以降に剪定を行う予定だそうです


地中が粘土質の為、波板で培土を囲み栽培されていました。大分市在住、綾塚謙治郎さんの圃場

aaa