2018/07/25

荒尾市と萩市の育苗担当者が意見交換を行いました

熊本県荒尾市にあるKOAオリーブ育苗場で出荷前のオリーブ苗木を栽培、管理している		
「オリーブ荒尾合同会社」の関係者2名が、7月25日に山口県萩市にあるKOAオリーブ育苗場		
を視察に訪れました。当日は今年4月に輸入したオリーブ苗の生育状況や栽培方法、使用		
している肥料や培養土、農業用資材などについて様々な意見交換が行われました。		
荒尾市と萩市だけでなく、日本国内では気候や土壌に大きな地域差があります。鉢植え、		
露地定植問わず、各々の栽培地に適したオリーブの栽培管理方法を、本場イタリアの技術		
と、KOA育苗場での試行錯誤や生産者の意見と照らし合わせて提案し、日本でのオリーブ		
栽培普及に今後も努めていきます。		


萩市の育苗場を視察後、熱中症に気をつけながら意見を交わす育苗担当者とKOAスタッフ



連日の猛暑に負けずに生長しているオリーブ苗木の様子。出荷は今年の秋からになります

aaa