2019/1/1

新年のご挨拶

新春のお慶びを申し上げます。							
							
お蔭様でKOAは10年目を迎えます。
皆々様のご協力で、東北地方から九州地方まで日本全国に亘りオリーブ
栽培事業が浸透して参りました。
一方、国内のみならず、韓国済州島にもKOA会員団体が誕生し、さらに
インドネシアはじめ東南アジア諸国連合加盟国からも、オリーブ栽培事業への
問い合わせをいただくようになって参りました。
平和のシンボル「オリーブ」が地球全体を覆い尽くす日を夢見ています。

日本最大のオリーブ生産者団体であるKOAの重要性ならびに責任も
益々重くなって来たと痛感し、なお一層精進して行く覚悟です。
それと共にKOAは初心を忘れず、生産者の立場で以下の事を推進して
参ります。							

Ⅰ 第1次産業(作れるか?)

オリーブ栽培先進国のイタリアより最新の栽培技術を導入し、
生産効率の良い栽培方法を伝授します。

1.育樹指導
 [1]圃場整備…定植作業
 [2]病虫害の駆除方法
 [3]灌水、排水、除草方法
 [4]施肥
 [5]剪定作業
 [6]採果

Ⅱ 第2次産業(加工出来るか?)

「KOAオリーブ加工センター」…福岡市博多区西月熊5-12-7
オリーブオイルおよび関連商品が作れます。

Ⅲ 第3次産業(売れるか?)

1.地元での販売
2.ネット販売
3.全国の百貨店、オリーブ商品専門店で取り扱います。

以上、6次化を完成し、生産者の収益を安定させるのがKOAの願いです。
今年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
感 謝



                平成31年元旦
一般社団法人 九州オリーブ普及協会(KOA)
理事長百富 孝行

aaa