2019/02/07

国東市で剪定指導を行いました

2月7日、大分県国東市のキュウセツAQUA 国東農場でオリーブ樹の剪定指導を行いました。
現地では現在約3,500本のオリーブ樹が栽培されており、適期に剪定を完了すべく栽培管理ス
タッフ全員の協力のもと作業が進められていきます。
当日は原則として理想の樹形を目指しつつも、なるべく実の生りそうな枝は残す剪定を施しまし
た。
同農場を経営するキュウセツAQUA 株式会社はKOAとコンサルタント契約を結ばれており、毎月
の栽培指導の際にはKOAが日本各地のオリーブ圃場で得た知見をフィードバックするよう努めて
います。
この冬は暖冬でオリーブの結実にとってはいささか気がかりですが、収穫に向けて必要なことを
一つ一つ行っていくことが大切です。


剪定前(左)と剪定後のオリーブ樹。樹の本数が多い圃場ではスピードも必要です



見慣れているとはいえ、作業の合間にふと眺める広大な農場の景色は素晴らしい!

aaa