2021/01/20

オリーブオイルの分析結果が出ました

2020年シーズンに弊協会の加工センターで搾油したオリーブオイルの分析結果が出ました。
厚生労働省登録検査機関である、一般社団法人 日本食品検査に依頼したものです。
念のため検体は2つあり、遊離酸度(オレイン酸換算)が、それぞれ0.18%と0.26%でした。
IOC(国際オリーブ理事会)で定められているエクストラバージンオリーブオイルの基準は
0.8%以下ですから、とても質の高いエクストラバージンオリーブオイルと言えます。
また、酸化しにくいオレイン酸が脂肪酸組成に占める割合は、2検体とも68%でした。
こちらも、IOCの基準である55.00%~83.00%を満たしています。
生産者の皆さんが丹精込めて育てたオリーブ果実から少しでも良質のオイルを搾るべく、
これからも、弊協会および関連会社の㈱オリーブジャパンは技術を磨いていきます。


洗浄中のオリーブ果実。このまま搾油機本体へと流れていきます。KOAオリーブ加工センターにて

aaa